The Red Birds / 赤い鳥 - 100JFolk.com

The Red Birds / 赤い鳥
Biography

赤い鳥(あかいとり)は、日本の音楽グループ。1969年に結成、1970年代を中心に活動し、1974年解散。

赤い鳥は最初、後藤悦治郎と平山泰代の二人が日本民謡を独自のやり方で取り上げたデュエットだった。山本俊彦と新居潤子は、谷村新司らと「ヒルビリー・シンガーズ」というコーラス・グループをやっていて、アマチュアコンサートで一緒になったとき、後藤に音楽性を買われ、大川茂を合わせた五人編成で「赤い鳥」が結成された。
後期にはウッドストックの影響で、ロック色の強い音作りをしたが、基本的には赤い鳥は民謡とフィフス・ディメンションのようなコーラスものの両方をレパートリーにした。

 ・ amazon : The Red Birds / 赤い鳥

 ・ Spotify : The Red Birds / 赤い鳥

1969年11月、「第3回ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」に関西・四国地区代表として出場。「竹田の子守唄」、「COME AND GO WITH ME」を歌い、フォーク・ミュージック部門の第1位を獲得、他部門の優勝グループを抑え、グランプリを獲得した。

1970年4月、ヨーロッパ旅行に出発、イギリス、ロンドンでレコーディング。
6月に日本コロムビアからシングル「人生」、アルバム『FLY WITH THE RED BIRDS』でメジャーデビュー。
9月、東芝EMIレコード/Liberty レーベルに移籍。
10月、合歓ポピュラーフェスティバル’70に出場、「翼をください」で新人奨励賞を受賞。

1971年1月から1972年6月まで、竹田一彦カルテットがバックバンドとして協力。
1971年2月発売の「竹田の子守唄/翼をください」が発売3年で100万枚を突破するヒットになった。

1972年7月、渡米、レコーディング。

The Red Birds / 赤い鳥のメンバー

メンバーは、後藤悦治郎(ギター)、平山泰代(ピアノ、1974年2月後藤と結婚)、山本俊彦(ギター)、新居潤子(1973年4月に山本と結婚し、山本潤子)(ボーカル・ギター)、大川茂(ベース、1969年6月加入、1972年8月アメリカ合衆国カントリーチャーチで結婚)の5名。後期には、大村憲司(ギター、1972年2月から1973年4月)、村上秀一(ドラム、1972年6月から1973年4月、村上“ポンタ”秀一)、渡辺俊幸(ドラム・キーボード、1973年4月から)を加える。

各人がボーカルを担当することができ、美しいハーモニーが魅力的なグループであった。各地の子守唄・伝承されている歌などを美しいコーラスワークで聴かせる傍ら、トニー・マコーレイ(en:Tony_Macaulay)などの曲提供によりアルバムを発表するなどいわゆるソフトロック的な音楽性も兼ね備えていた(そのため、関西地区で結成されたグループであるが、関西フォークとは一線を画していた)。路線対立から1974年9月に解散。事実上、下記の通り3分割されることになった。

The Red Birds / 赤い鳥のオリジナルアルバム

・『FLY WITH THE RED BIRDS』(YS-10085 JA=1970年6月10日、再発CD-7148=1975年9月25日)
・『RED BIRDS』(LPC-8030、1970年10月5日)
・『WHAT A BEUTIFUL WORLD』 (LTP-9017、1971年3月5日)
・『竹田の子守唄』(LTP-9034、1971年7月25日)
・『スタジオ・ライヴ』(LTP-9049、1971年12月20日)
・『パーティー』 (LTP-9063=1972年7月26日、ALCA-417=CD廃盤)
・『美しい星』 (LTP-9068=1973年1月6日、ALCA-418=CD廃盤)
・『祈り』 (LTP-9077=1973年6月20日、ALCA-9163=CD廃盤)
・『ミリオン・ピープル~赤い鳥コンサート実況録音盤』 (LTP-8277-78、1973年12月25日)
・『書簡集~ラスト・アルバム』 (LTP-85010、1974年7月5日)

The Red Birds / 赤い鳥のシングル

「お父帰れや/竹田の子守唄」(1969年10月1日)
メジャーデビュー前のURCからのリリース
「人生/赤い花白い花」 (Z-6-JA、1970年6月25日)
「誰のために/小さな歴史」 (LP-1212、1970年9月25日)
「竹田の子守唄/翼をください」 (LP-1220、1971年2月5日)
「美しい朝/SWEET MORNING RAIN (LTP-2338、1971年3月5日)
「忘れていた朝/言葉にならない言葉 (LTP-2489、1971年7月25日)
「河/旅 (LTP-2539、1971年12月1日)
「赤い屋根の家/どこに帰ろう (LTP-2424、1972年3月5日)
「二人/鳥のように (LTP-2711、1972年7月25日)
「翼を下さい(英語版)/月曜はブルーな日 (LTP-2746、1972年11月20日)
「まつり/美しい星 (LTP-2796、1973年2月5日)
「みちくさ/窓に明りがともる時 (LTP-2717、1973年4月5日)
「紙風船/赤い花白い花 (LTP-2854、1973年5月20日)オリコン週間9位
紙風船:1973年国鉄CMテーマ曲、1973年グリコ「プリッツ」CMテーマ曲で赤い鳥自身が出演
「風は旅人/白い花」(LTP-2908、1973年9月20日)
風は旅人:NHK連続テレビ小説「北の家族」主題歌
「僕のうた/もう一度帰ろう」 (LTP-2978、1974年2月5日)

The Red Birds / 赤い鳥の解散後

その後、後藤・平山の夫妻は「紙ふうせん」、山本夫妻と大川は「ハイ・ファイ・セット」、渡辺は「ハミング・バード」を結成した。

紙ふうせんはフォークのあり方を追求し、ハイ・ファイ・セットは荒井由実やジャズを取り上げるなど、ポップな演奏を繰り拡げた。ハミング・バードは赤い鳥の後期を継承するような音楽性を展開したが、アルバム1枚とシングル数枚で解散した。また、渡辺俊幸は1976年にさだまさしのバックボーンとなってプロデュース・編曲・バックバンドのメンバーなどで活躍した。グレープ解散後さだは渡辺と新ユニットの結成も模索していたといわれる。

(wikipedia)